HP作成中 2020-03-05 06:00更新
お問い合わせはこちら 045-453-2002
hdl4xtm.jpg hdl4hex.jpg hdl4xtm_back.jpg

バックアップとは?

バックアップとは、保存されたデータを守るために、別の記憶媒体(HDD・NAS・BD・DVD など)にデータの複製を作成することです。
(データを移動させることは「バックアップ」ではありません。同じデータが2ヶ所以上の場所にあることを「バックアップ」といいます。)

バックアップの必要性

業務効率化のために、NASをファイルサーバーとして導入する企業が増えています。
ファイルサーバーの大容量化に伴って、これらのデータの消失により、ビジネスに多大な影響が生じます。人為的なミスや、予期しないハードウェア障害によるデータ消失のリスクは常に潜んでおり、その対策のために「バックアップ」は必須です。
 

 

主なバックアップの種類

イメージバックアップ

  • HDD全体やドライブ単位で外付けHDDに丸ごとバックアップを行い、「イメージファイル」として保存するデータ保護方法です。
  • 復旧する際は、OSを含め一気にリカバリーできるので、システム全体を比較的簡単に復旧できます。データ容量が多い場合は、バックアップや復旧(リストア)に、数時間がかかることがあります。

ファイル単位のバックアップ

  • ファイルとフォルダーを定期的に外付けHDDにコピーします。変更のあったファイルだけをバックアップすることで、バックアップ時間を短くすることもできます。
  • オペレーションミス等で、誤ってファイルを削除や更新がされた場合も、外付けHDDにあるバックアップデータから必要なファイルだけを選んで、すぐリストアができます。

レプリケーション

  • NASを2台を使用して、メイン機のデータが更新された場合に、自動的にバックアップ機にデータをコピーし、常に同一の状態としておく方法です。
  • メイン機本体が故障した場合、バックアップ機に切替えて運用再開させることで、故障時からの復帰が早く、業務への影響を最小限に抑えることができます。

主なバックアップ方式

主なバックアップ方式の仕組みと、各バックアップ方式の違いは以下の通りです。
■イメージバックアップの方式
 

  データ容量 バックアップ時間 リストアの回数
フルバックアップ × 多い × 長い ○ 1回で済む
増分バックアップ ○ 少ない ○ 短い × 多い(順番)
 差分バックアップ △ 少し多い △ 少し長い △ 2回必要

バックアップ方式の「フル/増分/差分」という3つの種類には、以下のようにバックアップデータ量やバックアップ時間、復元にかかる手間(回数)に違いがあります。そのため週末にフルバックアップ、平日夜間に増分/差分バックアップを組み合わせて運用するのが一般的です。


そこで当社おススメのLANDISKでは

 
   比較項目  LAN DISK A  LAN DISK X  LAN DISK H  LAN DISK Z
基本仕様  搭載OS  オリジナルOS  オリジナルOS  オリジナルOS  Windows Storage Server
 保 証  3年保証
(HDDは1年)※1
 3年保証  3年保証  3年保証
 NarSuS対応  ○  ○  ○  ○
有償保守サービス対応   ○  ○  ○  ○
 Active Directory連携  ○  ○  ○  ◎
(1,000名以上も対応)
 推奨同時接続台数  Windows:16台/Mac:8台  Windows:32台/Mac:8台  Windows:50台/Mac:8台  搭載CPUにより異なる
Core i3:100台/Atom:50台
各種機能  ウイルス対策機能  ウイルス対策機能対応(ライセンス標準添付)  ウイルス対策機能対応(ライセンス標準添付)  ウイルス対策機能対応(ライセンス標準添付)  ウイルス対策ソフト対応
USBロックキー機能    ○   ○   ○  ―
暗号化機能   ◎
(外付けHDDも対象)
 ◎
(外付けHDDも対象)
 ◎
(外付けHDDも対象)
 ―
UPS対応    ○   ○   ○   ○
高信頼HDD
「WD Red」搭載 
  ○   ○   ○   ○
ホットスワップ対応   ―   ○   ○   ○
バックアップ
対応一覧
•クローン
•レプリケーション
•履歴差分バックアップ
(世代バックアップ)
•データコピー
•USBミラーリング
•クローン
•レプリケーション
•履歴差分バックアップ
(世代バックアップ)
•データコピー
•USBミラーリング
•クローン
•レプリケーション
•履歴差分バックアップ
(世代バックアップ)
•データコピー
•USBミラーリング
•レプリケーション
•Windows Server Backup
•クローンforWindows

ラインナップ  6ドライブ  ―  ―  HDL6-H  HDL-Z6WLC2
 4ドライブ  ―  HDL4-X
HDL4-X/TM
 HDL4-HEX  HDL-Z4WLI2
HDL-Z4WLC2
HDL-Z4WMC2
 2ドライブ  HDL2-AAW  HDL2-X
HDL2-X/TM
 HDL2-H
HDL2-H/TM
 HDL-Z2WLI2
HDL-Z2WLC2
HDL-Z2WMC2
 1ドライブ  HDL-AAW  ―  ―  ―
 ラックマウント  ―  ―  HDL4-HR  HDL-Z4WLIR2
HDL-Z4WLCR2

ランサムウェアはマルウェアの一種で、感染したパソコンやそのパソコンに接続したUSBハードディスク、同一ネットワーク上の共有フォルダー(NASやファイルサーバー)内のデータを暗号化など様々な方法で使用不能にし、その復帰と引き換えに「身代金(ramsom:ランサム)」を要求する不正プログラムです。感染経路はメール添付やウェブ閲覧など多岐に渡り、現在新種や亜種が数多く出回っているためウイルス対策ソフトでも完全に防ぐことはできません。Windowsの履歴管理機能であるボリュームシャドウコピーを破壊する(過去履歴に戻れなくする)などの活動を行う高度なタイプも確認されています。

万が一、下記のようなランサムウェア・ウィルスに 攻撃された場合でも
安全に世代バックアップされてますから安心です。

ランサムウェアは、感染したパソコンから読み書きできるドライブ(内蔵HDD、パソコンに接続した外付けHDD、共有されたNAS)などのファイルの暗号化処理を試みます。しかし、バックアップ先のドライブを読み書きできないようにしておくことで、バックアップデータをランサムウェアによる被害から守ることが可能です。そのためファイル共有用途のNASやファイルサーバーのデータを、パソコンから読み書きできないドライブにバックアップしていただくことで、ランサムウェアの被害を最小限に抑えることができます。

こんなお悩み事ありませんか?

  • ウイルス、スパム、フィッシングなど巧妙で多面的な攻撃への対策はされていますか?
  • セキュリティパッチの適用やウイルスソフトのアップデートなどパソコンの管理に手間がかかっていませんか?
  • セキュリティレベルの維持と運用のため専門知識を有した管理者はいらっしゃいますか?